家のメンテナンスは何が必要?

スポンサーリンク
TfamilyのTwitterフォローお願いします!!
Tfamily ティーファミリーをフォローする
個人活動

どうも!

Tfamilyです!

本記事ではリフォームとメンテナンスについてお伝えしていこうと思います。

こんな人は参考にして下さい。

  • 家を建てたばかりであまりメンテナンスの本質について知らない
  • メンテナンスに必要なものは何か
  • いくらかかるかわからない

では、早速いきましょう!!

 

メンテナンスは何が必要??

メンテナンス・リフォームの本質

家に限らず何でもお手入れはしますよね?

車だったら、定期的に洗車して、タイヤの寿命がきたら交換をして、オイルの状況も気にしておかないといけないですね。

家も同じです。

特に水廻り・外部に関しては正しい知識を身につけないといけないです。

私は職業柄、古い家も新しい家も何百と見てきましたが、手を加えている家と手付かずの家で同じ築20年でも全然違います。

建てた会社で新築当時に教えられるメンテナンス費用なんてのは当てにならない事が多いのも事実です。

実際、ハウスメーカー時代にある会社で建てたオーナー様から外壁塗装や防水工事は建てた時にこの値段でできるって言われたけどと言われたこともありました。

また、月一万円を10年間欠かさず貯めれば

10年後のメンテナンスは問題ないですよ』と建てた当時言われたお客様で本当に毎月1万円貯めてた方もいましたが、その家は120万円ではメンテナンスできませんでした。

10年後のメンテナンスとか長期間メンテナンスフリーと言いますが、そんな先の事わかるはずもないのです。

もちろん大手ハウスメーカーを筆頭に検証・試験は行ってはいますが、条件は限られたものです。

塩害地域・寒冷地域・高速道路の近く・電車がすぐ目の前を通る立地・日当たりの条件等、検証や試験では全国的な条件を賄いきれない部分は多々あります。

これに対しては対策をするとかではなく、先ずは頭の中にそれを入れましょう。

メンテナンスに必要なもの

お金はもちろん必要ですが、自分の家に対しての正しい知識が必要です。

外壁塗装であれば10年〜15年、住宅設備は15年程度、クロスは20年等々、全ての家がその期間で何か手を加えないといけないかというとそうではありません。

実際、

  • 日が当たりにくい北側では10年も経たずに外壁に藻が付着する
  • クロスが10年くらいで捲れてくる
  • 住宅設備も15年持たない

なんて家もあります。

使い方はそれぞれですし、立地条件が全く同じ家は全国どこにもありません。

同じ仕様のお隣同士でも経年劣化には差が出てくる位なので、自分の家はどうなのか正しい理解が必要です。

条件が良いとか悪いではなく、先ずは理解をしないと対策が打てないですからね。

自分の家は日が当たるし心配ない!!

ではなく、日が当たることでの劣化進行要因もしっかり頭の中に入れておかないといけないという事です。

いくらかかるか分からない

これは断定的な事は言えないですが、例えば今なら外壁塗装をする方で家一軒同じ大きさでも相場が約50万円〜200万円まで幅があります。

これは中身が全然違います。

もちろん大手でメンテナンスすれば値段は高くなりますが金額につられて安くメンテナンスを行うのは一旦よく考えて決断する事をお勧めします。

設備4点を取り替えるのも150万程度で行う会社もあれば、250万円或いはそれ以上でやる会社もあります。

ですが、確実にやる内容が違うので将来取り替えることになった際は工事内容をよく見て検討して下さい。

もちろん新築を建てた時みたいに勉強する必要もあると思います。

まとめ

如何でしたでしょうか。

今回はメンテナンス・リフォームとはという観点からお伝えしました。

ここまでご覧頂き、有り難うございます。

 

リフォーム・メンテナンスは新築の際に行ったように同等かそれ以上の知識が必要です。

 

メンテナンスが気になる方は是非ご質問やお問い合わせをお待ちしております。

公開できる内容があれば合わせてご相談下さい。

👇相談はこちらから

お問い合わせ

 

それでは今回はここまで。

See You Next Time!!

👇最後まで読んだ人はポチッと!!
個人活動
スポンサーリンク
シェアする
Tfamily ティーファミリーをフォローする
Tfamily

コメント