我が家の全貌 episode5 〜お掃除ロボットの天敵〜

スポンサーリンク
TfamilyのTwitterフォローお願いします!!
Tfamily ティーファミリーをフォローする
ワンランク上の住まい造り

どうも!!

Tfamilyです!!

 

最近はどの家庭にもあるお掃除ロボット!!

 

今回はその天敵をご紹介!

 

 

我が家ではそこまでは考えてなかった!!

 

という点をお話しします!

 

是非お付き合いください!

 

まず、我が家のお掃除ロボットですがこちらです。

メーカー:iRobotルンバ

シリーズ:i7

 

これがよく働いてくれます。

 

が、しかし家の中では天敵が多いですね。

 

特殊かもしれませんが、3つご紹介します。

 

我が家でのルンバの天敵

 

1、ダイニングテーブルの脚

 

これは全く想像してなかったですが、我が家のダイニングテーブルはこんな感じで変わった形状をしています。

 

 

ルンバは真面目です。

 

人間みたいにサボりません。

 

この脚の間や下に潜り込んで掃除しようとします。

 

特に真ん中部分。

 

 

下に潜り込もうとするのですが、この高さが微妙にスレスレ位の高さ。

 

この尖った部分にやられました。

 

 

対策考えねば。

 

いい方法ないでしょうか。

 

是非、教えて下さい!

 

2、ドックが引越しばかり

 

新居に入ってルンバの基地が定まらない状態で

 

とりあえずここでいいか、と仮決めをして置いたり、

 

気分が変わりやっぱりこっち、とコロコロ場所を

 

変えているとルンバが最後にドックに帰る際に

 

とても時間がかかります。

 

これ我が家だけでしょうか。

 

ハウスメーカー時代、自分であれだけ提案していた

 

のに自分の家にルンバの基地を作らないとは…

 

何も活かされていないと感じるのでした。

 

最近はほとんどの家でルンバの基地を作りますよね。

 

私が提案していた頃は半分満たないくらいでしたが…

 

これから変わっていくと思います。

 

3、中途半端な段差

 

こちらは私のデスクの脚部分です。

 

 

我が家のルンバが乗り越えられそうで、乗り越えられない壁です。

 

いつも、ここで足を取られ止まっています。

 

中途半端なんですよね。

 

そんなこと考えて、採用してないし。

 

ここだけ、入れないようにしようかとも考えましたが、

 

じゃここだけ自分で掃除するのかということになるので断念。

 

こうゆう段差に対応できる製品に生まれ変わることに期待です。

 

何といってもiRobot社ですからね!!

 

でも人間の生活がロボットに合わされつつあるこの時代はなんか違和感を感じますが、10年後なんてこれが当たり前になるんですかね。

 

まとめ

 

ここまで、3つご紹介しましたが如何でしょうか。

 

以下の内容に気をつけたほうが良いのではないでしょうか。

 

  • 低い位置に鋭利なものがこないか再度確認
  • お掃除ロボットの基地は予め決めておく
  • 乗り越えられるかどうか際どいものがないか把握しておく

 

この3点だけでも抑えておくと掃除が円滑にできると思います。

 

参考になりましたでしょうか。

 

今回はここまで!!

 

See  You  Next  Time!!

コメント