注文住宅完成までの道のり episode3 〜人生初不動産売買開始〜

スポンサーリンク
TfamilyのTwitterフォローをする
Tfamily(ティーファミリー)をフォローする
注文住宅新築記録

こんにちは。T familyです。

写真は住んでいたマンションです。

続編episod3です。

episode2の内容が気になる方はこちらをご覧下さい。

今回は予告通り『悩んだ末の不動産会社との専任契約』でお送りしたい思います!

このブログでは不動産を売買する時の注意点等を実際の経験ベースでお伝えします!

今の住まいを売却して新たな住まいを検討中の方には一度は読んで頂きたいです!

住宅業界に身を置いてましたが、あくまで客目線で理解を深めて

先ずはファーストステップ!

早速行きまっしょ!

episode3

前回までで展示場に行った家族一同

実はその前に自宅(4年前購入のマンション)の売却や新規土地の購入に向けて問い合わせていました。

実際3社打ち合わせをさせて頂き、話を聞いておりました。

【検討会社と選定理由】

  1. M不動産(検討したいハウスメーカーとのグループ会社)
  2. H工不動産(自宅マンションの施工会社)
  3. M地所(自宅マンションの販売会社)

初見で参考までに土地情報をもらったのと自宅売却についての相談を各会社にしました。

正直、どこの会社もいい事言いますね〜

この手は営業マンに『惚れて』とか『第一印象が良くて』等、色々決定理由はありますけど今回は単調すぎてそれが全くなかったです。

最近の不動産業界ってこんな感じ??

知っている人いたら教えて欲しいくらい拍子抜けでした。

友人や知り合いに不動産業者はたくさんいますが一切声をかけずに検討。

理由は最後にお伝えします!

結局、候補に入れてたハウスメーカーとの連携が取りやすい事が理由となりM不動産に決定!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(Tfamily)次のステップは??

(担当者)専属専任媒介契約と専任媒介契約と一般契約がありまして・・・

(Tfamily)何それ??

※本当は理解していますが、この業界に身を置いていないとこの返答になりますよね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

簡単に言うと『スピード重視』『価格重視』かの選択に迫られます。

この3つの契約に関してはこちらを参考にして見て下さい。

とても分かりやすく書かれています。

https://www.athome.co.jp/assess/report/knowledge/004.html 参照:不動産情報サイトat home

我が家は子供の進学に合わせて事を進めようと思っていたので、今回の計画で時間的にも猶予があるわけではありませんでした。

その為、必然的に『専属専任媒介契約』若しくは『専任媒介契約』のどちらかの選択でした。※スピード重視で

しかしながら、価格もそんなに安く叩き売りするつもりはなかった為、大手で良くやってくれそうな会社を選択したわけです。

これが後の悲劇を生みます・・・

【今回のポイント】

  • 不動産売買においては3種類の契約があるので状況にあった契約が必要
  • 大手・中小全く関係ありません。購入時と違い、売却時にアドバンテージはありません。
  • 親類や知り合いから紹介された不動産会社はお勧めできません。

※紹介会社をお勧めできない理由は注文住宅の営業担当者を紹介されるのとは違い、その物件を得意としているかどうか会社によって全く違うからです。これは後の悲劇から学んだ事例です。

如何でしょう。

このポイントを予習して計画を開始すると

ファーストコンタクトのクオリティが上がると思います。

逆にこれを無くして、いい打ち合わせはできないでしょう。

では、ここまで!!

次回は『融資審査』をお届けします!

See You Next Time!!

応援お願いします!!

👇最後まで読んだ人はポチッと!!
にほんブログ村 住まいブログへ
ブログ村に来てね
三井ホーム施主の住宅ブログ - にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
注文住宅新築記録
シェアする
Tfamily(ティーファミリー)をフォローする
Tfamily 住まい建築記

コメント