新築だけではないもう一つの考え方

スポンサーリンク
TfamilyのTwitterフォローをする
Tfamily(ティーファミリー)をフォローする
ワンランク上の住まい造り

どうも!!

Tfamilyです。

本ブログにお越し頂きありがとうございます。

 

今回は

住宅リフォーム

について触れていきます。

 

新築計画をされている方には

是非検討して頂きたい内容に

なっています。

 

ご興味あれば

最後までお付き合い下さい。

 

早速いきましょう!!

 

 

新築かリフォームか

ハウスメーカー時代に

本当によく検討したこの議論

 

新築計画をされている方は

一瞬でも検討はされましたでしょうか。

 

持ち家のお客様や

実家を二世帯に建替え希望のお客様には

本当によく提案しました。

 

何故か。

 

新築と同等或いは

新築にはないメリットが

リフォームにはあるからです。

 

新築と同等・新築にないリフォームのメリット

リフォームというと

『〇〇!!〇フォー・アフ〇ー』や

有名タレントの方々が自前で行う

というイメージが

ここ最近も強いと思います。

 

メリット

  1. 見事に新しい空間を手に入れることができる
  2. 税金面でのメリット
  3. 全体計画の費用を抑える事が出来る
  4. 先祖代々の思い入れを構造ごと残す事が出来る

たくさんあります。

今回はこの4点に絞って考え方をお伝えします。

 

リフォームでも新築のように?

冒頭で少し触れましたが、

ここではDIYではなく

改築工事について触れていきます。

 

新築は全てが新しくなるので

イメージがしやすいですが、

リフォームはできることに

制限があると思われがちです。

 

もちろん間違いではありません。

 

どんな構造の建物でも

一定の制約がついてきます。

 

しかし、

 

使う建材・設備・内外装材

新築と同じものを採用します。

 

また、下地材も変えていく工事を

すればほぼ新築と言っていいでしょう。

 

空間の取り方一つとっても

制約はありますが、

  • 広くしたい
  • 明るくしたい
  • 断熱性能を上げたい
  • 最新の環境設備機器を導入したい

という要望全てやり方次第で

実現可能です。

 

外観も同様に家の形状や仕上げ材も

自由になりますし、

延床面積だって増やすこともできます。

 

  • 平家建てを2階建てに
  • 2階建てを平家に
  • ガレージをつけたり
  • 吹き抜けを造ったり

と本当に自由です。

 

一度、検討してみる価値は十分にあります。

 

税金面でのメリット

新築住宅を建てたら

固定資産税がかかりますが

リフォームの場合は

維持保全の為の改修工事の場合

固定資産税が増えることはありません。

 

建物を増築したりすると

増築した部分に関しては

新築と同じ扱いになる為、

税金が課されますが、

建物全体に加算される訳ではない為、

ここでも節税メリットと言えます。

 

中古住宅を買ってリノベーションと

言いますが、

工事内容によっては

このメリットを十分得られる考え方になります。

 

全体費用を抑えることができる

とは言っても

新築のようにリフォームしたら

建て替えるくらいの費用が

必要でしょうと思われがちですが

これは比較の仕方で変わってきます。

 

今現在、大手ハウスメーカーで

新築計画をしている方は

その会社のリフォーム部門と

比較する事をお勧めします。

 

推奨している建材や設備が同じことが多く、

一つ一つにかかる費用も

同じになる可能性が高いからです。

 

大手ハウスメーカーで検討されていない方は

お勧めの考え方をご紹介しますので

下記リンクからご連絡下さい。

 

但し、以下の工事をしていくと

費用はリフォームであってもグンと上がります。

  1. 地盤改良工事
  2. 曳家
  3. 非木造の建物の外部改修
  4. 雨漏りを完全に無くす工事(状況による)

以上の工事は新築工事と比較すると

リフォームにしか発生しない工事です。

 

検討する際は注意を。

 

住み継いでいく

先祖代々、

住み継いできた

築何百年と経つ家でも

リフォームする事で蘇ります。

 

新築かリフォームかと

検討する中で

現在の家を改修する事を

候補に入れている方は

この事が1番の選択理由になったりします。

 

この家を更地にしていいのだろうか…

 

私の代で建て替えていいのだろうか…

 

いろんな想いが巡るのと同時に

古いだけで価値がある建物だってあります。

 

大金をかけて住み継ぐ事には

新築では得られない価値があります。

 

 

最後に

ここまでお付き合い頂き、

ありがとうございます。

 

ここでお伝えしたいのは

決して

新築よりリフォームの方が良い

という事ではなく選択肢の一つとして

考えることはとても重要ということ

です。

検討することで

もっと新築が良くなることだって

考えられます。

 

それでも、リフォームを選択される方を

何人もみてきたのでお伝え致しました。

 

もし、ご興味を持って頂けましたら幸いです。

 

今後も参考になる記事をお届けしますので是非ご期待下さい。

 

今回はここまで!!

See You Nex Time!!

コメント